桃を色づかせるために反射シートを活用する

桃は、苗を育て花が咲いたら、受粉をします。
それによって、実ができたら、残す実を選別して、紙で包んで保護します。
やがて、成長した実は、今度は色づかせる必要があります。
その色づかせるのに、反射シートを使用します。
桃の木の周囲に、反射シートを設置していきます。
風で飛ばないように、杭で止めておきます。
きちんと、太陽光が桃に当たるように設置できれば、これで仕事は終わりになります。
やがて、色づいた桃は、市場へと出荷され、消費者の元へと届けられます。
これは、反射シートの使用例の一つです。
ハウス内でも同じ用途で使用され、農作物に太陽光が集められています。
太陽光を集めるのとは別に、ハウス内への虫の侵入を防ぐことも、確認されています。
虫によって、農作物がダメージを受けることを防ぎ、成長を手助けしてくれます。
やがて、成長した農作物は、出荷されていきます。
その時まで管理をして、最高の状態に仕上げていくのが、農家の仕事でもあります。